img_01

ご挨拶

当研究分野では、世界的にも類を見ない大規模な脳画像データベースを遂行しており、多くの研究者が必要な状況です。
そのため、大学院生、教員などスタッフを広く募集します。
医師であっても医師で無い研究者も全く関係なく歓迎致します。今後大きく発展する分野で、研究テーマには事欠かない状況です。脳画像解析と生活習慣、遺伝子解析に興味のある方は、御連絡をお待ちしております。

瀧 靖之

大規模脳MRIデータベースを用いた脳発達・加齢に関する研究遺伝子と脳形態、認知力との相関に関する研究脳画像を用いた認知症予防に関する研究

1993年 東北大学理学部卒業
1999年 東北大学医学部卒業
2003年 東北大学大学院医学系研究科(医学博士)
2011年 東北大学東北メディカル・メガバンク機構 教授
2012年 東北大学加齢医学研究所機能画像医学研究分野 教授

img_18
img_40
img_41
  • img_06

    機能画像医学研究分野について

当研究分野は、加齢医学研究所では脳科学研究部門の一分野として、また、東北大学病院では加齢・老年病科としての診療科を持つ研究分野です。

脳研究は、主に多数の健常人の磁気共鳴画像(MRI)を用いた脳画像データベース研究を行っています。具体的には、生活習慣等の環境要因と遺伝要因が脳形態や脳機能、認知力にどのように影響するかを解明しています。それらを明らかにするために、幅広い年齢層の多数の被験者から脳MRIを収集し、生活習慣、認知力、遺伝子のデータを組み合わせた世界でも有数の規模の脳画像データベースを作成し、このデータベースを用いて、脳形態、脳血流、認知力と種々の要因との相関解析を行っています。

このように、ミクロ(遺伝子)からマクロ(脳MRI)のレベルのデータを有機的に統合することで、生涯健康脳の維持に関する研究を遂行しています。

機能画像医学分野(加齢核医学科)と老年医学分野(老年科)は、平成29年4月から東北大学病院における診療と卒前医学教育を合同で実施するため、診療科統合を行ない、新たに「加齢・老年病科」を開設することとなりました。当分野は、老年医学分野と協力して、認知症関連疾患の医学画像を用いた臨床と研究を積極的に進めていきます。

  • img_06

    栄養認知健康脳共同研究部門について

認知症予防に向けて、認知機能トレーニングの手法は脳トレ、運動介入など様々に開発されています。これらに加えて、令和1年6月に開設した栄養認知健康脳(東洋ライス)共同研究部門においては、日常生活の中で毎日できる健康行動として、食生活への介入に注目しております。特に、日本においては主食として米食文化があるため、この栄養価を認知症予防において、より効果的にするための研究開発に取り組んでいます。

MENU

-メニュー-

img_15

研究の紹介

発達加齢に関する研究を行っております

img_14

メンバー紹介

瀧研究室のメンバーをご紹介

img_13

業績一覧

書籍や論文などの過去の実績一覧です

img_10

研究室アルバム

瀧研究室の行事を写真とともにご紹介

img_11

アクセス

瀧研究室のアクセスについて

img_17

連絡先

ご興味のある方はいつでもご連絡ください

瀧研究室はこんな研究室です

当医局・研究室では随時入局者をお待ちしております。
ご興味のある方はいつでもご連絡ください。