お知らせ

分野OBの窪田朗子先生の論文がJournal of Nuclear Medicinの60周年記念号のSupplementにて掲載されました。

「Journal of Nuclear Medicinの60周年記念号」が12月8日にSupplement 2として電子出版されました。

各年代毎に引用回数の多い記念碑的な論文とその背景が紹介されており、90年代の論文の一つに窪田朗子先生が主著書となる論文が紹介されております。
後の炎症疾患のPETの臨床研究の基礎となっており、近年は免疫チェックポイント阻害剤によるTumor associated macrophageを利用したがん治療が脚光をあび、その治療効果判定も注目されております。