加齢研周辺
加齢研入口
加齢研入口

加齢医学研究所のある星陵キャンパスは大学病院、医学部、歯学部とともに街中に程近い平地に立地しています。

自然環境
花見風景
花見風景

キャンパス内には桜が広く植樹されており、春にはお花見を楽しめます。お花見の名所である西公園、芋煮のメッカである広瀬川なども近隣に位置しており、街中にいながら自然の恵みも享受できる環境です。

飲食店
歯学部食堂
歯学部食堂
医学部生協
医学部生協

キャンパス内には、医学部の生協、歯学部の食堂があり研究室メンバーも利用しています。大学病院内にも辛酉会以外の店舗も軒を連ねるようになり、キャンパス内だけでもいろいろ楽しめる環境になってきました。また、歩いて行ける範囲内に24時間営業のコンビニやスーパー、学生用の定食屋や居酒屋などもそろっており、アフター5も充実した生活が送れます。仙台の繁華街、国分町へもタクシーでワンメター、歩いて15分程度に位置しており、飲み会にも有利な立地になっています。

住環境
国際交流会館
国際交流会館

星陵キャンパス周辺では、学生用・所帯持ち用の賃貸物件がすぐに見つけられるでしょう。近くの三条町の国際交流会館と東北大学ユニバーシティハウス三条(築1年)には多くの留学生が住んでおり、日常的に国際交流をすることができ、多くの留学生の友達を作る良い機会をえることができます。新入生の場合、ユニバーシティハウス三条に家賃が月1万円程度で1年間住むことができるので、友達を作りつつ仙台に慣れることができます。医学部グランドも目の前にあるので、毎週のようにサッカーの国際試合をすることができます(使用する場合は要申請)。

交通事情
駐車場
駐車場

(車) 加齢医学研究所前の駐車場は、申請許可制になっており、自宅から2.5km以上離れていれば大抵許可が下ります。仙台は地方都市の特徴たる車社会が浸透しており、郊外店舗の利用などには不可欠です。利便性は高いですが、運動不足の元凶にもなります。

(バス、地下鉄) 仙台市営バスを利用の場合は大学病院前または加齢医学研究所にて下車、仙台市営地下鉄を利用の場合は、北四番丁駅下車徒歩15分で着きます。仙台市営の公共交通機関は、仙台駅を中心に放射状に分布しており、仙台駅以外の場所を行き来するには不便な造りになっています。休日をエンジョイするには車はあったほうが良いでしょう。

(自転車) 仙台市街地はほぼ平地なのでそれほど根性が無くとも通勤通学には有用なツールです。休日のアイテムとしても、野球(Kスタ宮城)やサッカー(仙台スタジアム)観戦などには便利ですし、時間と体力と根性があれば松島まで行けなくもないです。